RSS|archives|admin

vs札幌! (○2-1)

2012.03.25 Sun
素晴らしい逆転勝利!
逆転勝利はいつぶりだろうか。
久しく見れてなかった気がします。


ということで、アウェイでの札幌戦。
近くのスポーツバーで見てました。


前半は前に前に圧力を強める札幌に対し、
ロングボールで裏を狙うシーンが非常に多かったですね。
特に永田だったり阿部ちゃんや啓太だったりから、両サイドへの大きな展開が多く、
こんなにもロングパスが成功するもんなのかとびっくりしたぐらいです。

ただ、それでも相手の守備網は固く、繋ぐことができるのが精一杯。
サイドはブレイクできてもその次がなかなか思うように行かず、試行錯誤。
ボール保持はできて散発的にチャンスはあるものの、ペースは札幌だったかなと思います。
そんな中でのあの失点。あれはもう相手を褒めるしか。


非常に大きかったのは前半の終了間際で同点に追いついたこと。
梅崎が斜めにゴール前へ入ってきてマークがずれ、
平川のタイミングを外したクロスに柏木が落ち着いて胸トラップからニアにシュート。
最後の最後で相手も気が緩んでいたのか、それまでしっかり寄せていたのが、
ちょっと甘くなったところで、しっかり決めてくれる柏木はほんとイケメンだと思います。

後半は札幌側もサイドをケアし始めて、それまでの抜け出しは、それほど見られず。
その代わりに阿部ちゃんや啓太がドリブルで中に持ち込むシーンが増え、
そっから中央を経由してのやりたいサッカーが見られるように。
攻撃が上手く行くと守備も良くなってきて、後半は前田の単独突破と、
加藤が一個だけ、ナイスセーブしたシーン以外は特に怖いところはなかったかなと。
後半の最後の方で押し込まれたところもありますが、身体を張ってよく凌いでくれたと思います。


今節も柏木、それに矢島君が運動量豊富で、
さらに平川、梅崎も上下動激しく素晴らしい活躍だったと思います。
MoMは文句なしに柏木でしょう。
柏木のやりたいことがどんどんできている、そんなのびのびした感じを受けます。
今まで悩んで試行錯誤して動いてたのがすんなりと動けているというかなんというか。
やっぱり慣れ親しんだ戦術の元ではものすごく生きるんだなぁ。

個人的には柏戦もそうでしたが、坪井が素晴らしいなと思います。
ショートパスは鋭いものがばしばし飛びますし、守備時も安定。
裏に抜けられても坪井がついてると安心してしまうぐらい安定してて。
さすがの足の速さからカウンターにめっぽう強いってのが非常に大きいですね。
平川が思い切ってあがっても阿部ちゃんと啓太と坪井がいるので、
右サイドはほんとに安心できるなぁと。これはほんとに大きいです。


広島と比べて、ボールのつなぎやスペースの使い方にまだまだってところは見られますが、
それでもこうやって勝てているってのは非常にいいことだと思います。
ワンタッチでの崩しの部分がたまに見られますが、それがもっと出てくれば。
今後、特に夏に向けてどう進化して行くのか、これからがまだまだ楽しみです。


次節は川崎戦。
どのような戦いがまた見られるのか、楽しみです。

Theme:浦和レッズ | Genre:スポーツ |
Category:試合レポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

【ナビ】vs仙台! (○1-0)

2012.03.22 Thu
20120322-001.jpg


勝ったー!また勝ったー!と無邪気に浮かれたいですが、
岡本君と直輝の怪我が非常に悲しいです。
二人とも昨年は怪我を繰り返したりでやっと復帰したというのに…。
岡本君は6週間だそうで、直輝は今年いっぱいってとこだろうか…。
ちゃんと治して復帰できるときをまた待ってます。
だから早くとかでなく、しっかり治してほしい。



というわけで、感想を。


メンバーはかなり入れ替わってのナビスコ第一戦。
いろんなレポとかから、控え組が頼りないってイメージがあったので、
色々とネガティブな気持ちで観てました。

始まってみると、やはり連携というかお互いの動きの連動性が薄く、
探してはパス探してはパスというのが散見。
さらに仙台が前からかなり積極的に圧力をかけてきたので、それがより顕著に。
前半の前半はそれでも丁寧につないではTOPに当てて展開しようとしてましたが、
審判がアフターを全然とらないとか、危ないのは取らずにぐちゃぐちゃっとしたのだけ吹くとか、
お互いに非常にあやふやな基準で判定がされていたために、だんだんとナーバスに。


そんなこんなのうちに岡本君が肉離れ的な倒れ方をし、負傷交代。
その後に直輝が相手選手との交錯で速攻×が出るほどの痛みっぷりで負傷交代。
この後は前半終了まで繋ぐことよりもセーフティーにということで、
なかなか思うように組み立てられない展開に。


今回は山田さんが久しぶりに見られるってことで注目してましたが、
やはりポジショニングが啓太や阿部ちゃんと比べるとかなり不思議な感じに。
ボールを持っているときはDFラインにボランチ、今日は小島君が入って
山田さんが前目にって感じが前半は多かったですが、
その際に三角形が崩れることが非常に多かった。

形的にいうと、柏戦、広島戦のときは1つ1つの内角が90度を超えることがそれほどなかったのだけど、
今回は120度とか果ては160度ぐらいに開くほど、山田さんがサイドにどんどん流れてしまっていた。
これは仙台が4人で前から前からプレスしていたのが利いていたのだろうけども、
ボールを受けに行こうとする意志と、両サイド(スピラと濱田君)が受けに行く動き、
そして受けてからのはたきができていなかったのも要因かなと見てて思ってました。
ちなみにはたけないのは、当の山田さんが真ん中に君臨しておらず、選択肢が、
サイド一択のみって場面が多かったからってのもありますが…。

それを繰り返しているうちにパスコースが狭まって激しいチャージに、
ファールを取ってくれない審判と、色々絡み合って、DFラインで回すのを嫌い、
山岸からはどんどんロングボールを蹴るしかないという展開に。


なかなか苦しい展開でしたが、後半早々のあの永田のゴール。
あれはほんとうにみんなを助ける1点だったと思います。
前半の終わりの方から柏木と矢島君がかなり走り回ってはボールを散らしてと、
ペースを握れそうで握れないとこだったので、ほんといいとこで取った。

後半に入ってからはDFラインでのボール回しも落ち着き、
矢島君も前でボールをしっかり受けてはたけるように。
ポポも柏木との動きが徐々にあってきて、柏木の裏への抜けだしや、
逆にサイドにささーっと流れるシーンも。


度々、仙台から猛攻を受けたりしましたが、
DFラインでの危ないけど方針に沿ったボール回しや、
真ん中に当ててからサイドへといったやりたいことがよく見られるように。

いまいちだったスピラがまさかの退場もありましたが、
みんな身体を張って、山岸もスーパーセーブを見せたりと、
気合で守りきり終了のホイッスル。


永田は中央でどっしり構えて何度も弾き返し、
自陣の深い位置でもドリブルで間を縫い縫い、ボールをつないでと、
かなりいい動きをしていたと思います。
何度か危ないとこもあったけど、それはこのサッカーの真骨頂。
あのヒヤヒヤ感を楽しめないと胃に穴が空いてしまいます。
得点シーンはいわずもがな。
永田が底で踏ん張って、安易に蹴り込んだりせずにプレーしてたのが、
最終的にちゃんとした形を作れた要因かなと思います。

今回はサブのメンバーが非常に多かったが、
それで勝てたのは非常に大きいと思う。
しかもミシャのサッカーをちゃんとやりながら勝てたのだから。
小島君に矢島君と新しい芽も楽しみだと感じた一戦。


今回のMoMは永田といいたいとこだったけど、
個人的には柏木を推したい。
あの運動量とタフネスさ、スペースを見つけるセンスは素晴らしい。
キープ力も申し分ないから、パスがもうちょっと周りとあってくれば、
もっともっとすごいことになりそう。
裏に抜け出してもスピードがないのはご愛嬌ってところか。
あの抜け出すタイミングで達也などが連動していければかなり切れ味鋭くなるだろうなぁ。


山田さんは後半は無難にこなしてたけど、前半のgdgdなってしまったのが、
なんとかなればなぁ。
もともとサイドの人が、あんなとこにいるのがそもそもすごいことだけど、
もっとやれると思えるだけになんだか悔しい。
もっともっと動いてボールを引き出して散らしてってのをがんばってほしい。
なんだか似合わないけども…w


非常にタフな試合でしたが、勝てたのはほんとによかった。
次は札幌戦。
行きたかったけど、さすがにお財布事情で行けず。
家から念を送っときます。



■おまけ

20120322-002.jpg

今回も選手たちは一緒に歌ってました。
タオマフ持参で。
槙野が用意してたのか、ボール入れみたいなのから、
わっさわっさと取り出してたのが見てて面白かった。

こういう行為は好みが分かれるでしょうが、個人的には好きですね。
ああやって観てる側にも配慮して楽しみを作らせてくれるのは、いいなぁって。
毎回やる必要はないだろうけど、もともと試合中に歌ってたわけだし、
選手達に聞いてもらって、勝ったんだなぁって思えればそれが一番なのかな。

そういえば試合後インタビューで山田さんが、
「いつもリードしてる試合の終わりごろに聴いてた歌なので」
ってくだりがなんとも感慨深い。
ちゃんと聴いてたんだなぁって意味で。

Category:試合レポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

vs柏! (○1-0)

2012.03.17 Sat
20120317-001.jpg

勝ったー!久しぶりにホームで勝てたー!
圧倒されるかなと思ってましたが、すごいいいサッカー、試合でした。

前半は中央への進出が上手く行き、そこからサイド、
もしくは中央突破と多彩なチャレンジ。
ダメであればしっかりとDFラインに戻して隙あらばサイドチェンジ。

これは柏側の対応がはまってしまった部分もあると思いますが、
両サイドは常に押し込む形となって、安定した試合運びができてたと思います。

特に良かったと思うのはボランチのボールを引き出す動きと、
落ち着いたDFライン。
真ん中でトライアングルを作って回してはたいたり、真ん中に入れたりと
ボールの出し引きがかなり活発でよかったと思います。
阿部ちゃんと啓太はやりやすいのか、スムーズにポジション入れ替わったりで、
相手もつかみづらかったのではないかな。

啓太は今日はばしばしと前線へのパスが決まって素晴らしかった。
オリンピック代表時代の頃を見てるようで生き生きしてたように感じた。
阿部ちゃんは啓太が追い役したそのギャップを埋めたり、
楔を入れてくるところにきっちりアタックしたりと、その守備センスはさすがでした。
危険なところには大体入っているし、そのアタックしに行った穴は啓太がスライドして、
柏木が絞ってと、かなりよい連携が見られたのが良かったです。


梅崎はものすごい運動量でしたね。
攻撃時にはしっかり最前線まで上がって、守備時にはちゃんとレアンドロ、酒井をマーク。
この試合で一番忙しかったのは梅崎かなと思う。
ドリブルが引っ掛かり気味だったけど、ここに元気がもうちょっと距離近くで絡めれば、
この二人のコンビは恐ろしいことになると思う。でも合うのは直輝かもしれない。

対面の平川はしたたか。
前半、後半とポジショニングは控えめ。
でも、スペースがあればここぞとばかりに走りこんで、そのスピードを生かす。
今日のあの走りっぷりはギド政権時代に左サイドを席巻してた頃を思い出すようだった。
梅崎が常に高めに陣取って起点になるのなら、平川はスペースを意図して作らせて、
柏木、元気、ランコにもそこを使わせるようなそんな形に見えた。
後半は彼らもそこを使う余裕がなくなったのか、平川劇場に。
スペースがあって、走り込むための助走距離があれば速い速い。


ランコは良く動いてプレスもかけて非常によかった。
シャドーの二人がボールを受ける形が多かったので、ランコが挟まれてロストって
シーンはそれほど見られなかったように思う。
DFラインが思いっきり引いて、相手が間延びしたとこにロングボールを貰いに行ったり、
柏木、元気がもらいに行ってる時に裏を狙いに行ったりと、
色々工夫してるなぁってのはすごく感じた。

ゴールシーンは良く決めてくれた。
取ったとこは素晴らしかったが、ボールが流れてダメかと思ったけど、
ほんとによく決めてくれた。
サイドに流れてそのままではなく、ちゃんと中で張って相手の嫌な位置に
ポジションを取りなおしたりしてたのはほんとによかった。


今節を見て、広島からいろんなことを学んだんだなぁというのが随所に見えたと思う。
特に真ん中のスペースにドリブルで持ち出すシーン。
中央に入れてワンタッチでサイドに出すシーン。
リトリートしたらひたすら我慢して中央をガッチリ固めるシーン。
広島のすごいなぁっておもってたところが随所に見られたと思います。
そんな中で高い位置での追い込み方や、取られたすぐあとのプレス、
サイドでの細かなショートパスによるブレイク、
えぐってからのマイナスパス位置への走り込みなどなど、
フィンケ時代の遺産も見られて、久しぶりにワクワクする試合だったと思う。
柏も怖かったけど、ディフェンスは身体を張ってよくがんばってくれたと思う。
いい試合だったなぁと思います。



■番外編

20120317-002.jpg

レア家族イター!!
一家が揃ってるとこは久しぶりに見た気がする。
去年もいつぞやにいた気はするが、写真にとってなかったので、パシャパシャ。

20120317-003.jpg

コバトン先輩のぬいぐるみをしっかり持って、営業をするシャーレくん。
埼玉NO.1マスコット(多分)をディスらずに、ちゃんとリスペクト。

ミシャ体制になって、こんなところも攻撃的になったということなのか!


20120317-004.jpg

これは今日と関係ないですが、秋葉原のカーネルおじさん。
バッグを背負っていたので、入学式を模しているものと思われます。
以前は苦情が出たとかで控えてましたが、やはりこうでなければ、
秋葉にカーネルおじさんがいる意味がないと思う。

Category:試合レポ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

vs広島 (●0-1)

2012.03.15 Thu
大分遅れましたが、感想などなどを。


前半はそれなりの勝負にはなっており、見ごたえはあったと思います。
でもいろんな場面で広島のが1枚も2枚も上で、その組み立てには雲泥の差が見られました。

やはりカウンターとなる場面でのサイドの上下動は広島が速く、
さらに中央の三人がしっかり楔を受けられるように動きだしながら、
時には素早く前を向くことで、その鋭さはほれぼれするほどでした。

ミキッチサイドは槙野もサポートするし、引き気味でなんとか対処するかなと
思いましたが、ミキッチの個人の力がすさまじく、
梅崎もかなり気を使ってましたが、どんどんと打ち破られる結果に。
この辺はあるていどやられると思ってましたが、それ以上にこてんぱんでした。

対して平川サイドですが、こちらは逆に動きが少なく、
広島側としては楽であったのではないかなぁと感じました。
形として、中央を経由してサイドへと徹底されていたのもあるかもしれませんが、
丁寧に丁寧に中央を経由しようとしてしまって、再度の動き出しをし辛いものに
してしまったのかなぁと。
以前見ることのできた、というか苦肉の策的な縦に交互に入れ替わっての突破が
今日は見られなかったのは、練習通りに忠実にという気持ちが強かったのかなぁ。


全体的にまだまだお互いを見る余裕がないのか、三人目の動きがおっかなびっくりに感じました。
裏を狙う動きを誰かが取っても周りが見ておらず、その空いたスペースではなく、
同じように裏に抜けようとしていたり、楔を受けに行ったところへのサポートがなかったり。
取られてしまうのではと思ってるのか、2個目で裏に抜けるパターンでの出足に思いっきりがなかったり。


全体的な感想としては、まだまだこれからだな、と感じました。
そんなに悲観するようなものでもないと個人的には思います。
気になったのは、シュートをほとんど打てていないところですが、
もともと広島のディフェンスの仕方や、完成度を鑑みれば妥当かなと。
もっと厳しい山形とか相手だと、もっとフラストレーション溜まりそうですが、
そこをどれだけ我慢して見守れるかなぁってところでしょうか。


今節は日本刀vs包丁って感じで、一閃の緊張感ありながらも差が顕著でしたが、
これが次回の対戦時にはどれだけ迫れるのか。
試合を通じて自信を深め、思いっきりの良さが出てくればいい形になると思うので、
焦れずに頑張ってもらいたい。

次節は柏戦。
これまた強敵ですが、どこまで通用するか楽しみです。

Category:試合レポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

今更ながら磐田戦

2011.11.11 Fri
うーん…。


ちょうど休みが取れたので見に行ってました。
全体的な感想としては出足の遅さがまずひとつ。
あとは三人目の動きが皆無だったのと、ボール際での激しさがなかった。

程度の違いはあれど、以前から見られてた悪癖が、
この不安定な時期に思いっきり出てしまって輪をかけたのがなんとも…。


一番目を覆いたくなったのが、2人だけの関係になってしまって、
パスを出したあとにさらに動き出して、裏や空いたスペースに飛び出すことができず、
色んな場面でブレーキしているところが見られた点か。

原因としては距離がひらきすぎて、ポジションを逸脱しようにも、
そこにカバーを行える選手が近くにいなかったり、
出して折り返しをもらうにも、磐田のプレスにパスコースを切られ、
落としてそこからの三つ目のパスで起点の出し手が受けようにも落とし先がなかったあたりか。
あとはパスミス多発などによって後ろ向きになってしまってってとこもあるのかな。


色んな所で触れられてますが、ほんとに選手間の距離が遠かった。
パスとポジションチェンジで崩すなら、フィンケほどとは言わないが、
もっともっと近くに、もっと狭いとこに集まるべきではと感じました。

偏れば逆サイドが空くわけで、サイドチェンジも行えるが、
今回はそもそも距離が開いてピッチを広く使っているので、
相手もポジションを狭めすぎることなく、マークがほぼつきっきりとなり、
抜け出せるような状態にすらならなかった。


ほんとにどうしたことか…。
パス出して「あとは任せた!」的なのはなくなったけど、
「どうしようどうしよう」と躊躇してるようなとこがあった気がする。

幸いなことにしばらく試合間隔があくのと、甲府も負けてくれたことで、
致命傷な形ではないにせよ、とても心配になってしまう試合でした。


なんとしてでも残留を…。

Category:試合レポ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |